第十一回 近畿大学日本文化研究所 学術講演会
「宮沢賢治の世界」 講師:近畿大学名誉教授 綱澤満昭

日時 平成22年6月23日(水) 午後1時10分〜2時40分
場所 近畿大学 Eキャンパス A館(文芸学部)3階301教室


【講演要旨】
いま、なぜ宮沢賢治なのか。賢治は多くの童話を書いた。彼はそのことを通してなにを語ったのか。
現代人がもうとっくに忘れてしまったもの、喪失してしまったものに照明をあて、
それらを忘れることから発生している現代社会の諸々の苦難と病弊に彼は正面からむきあってくれている。
腐敗と混迷を続ける現代社会の病巣をつきとめ、そこに鋭いメスを入れている。
いま、私たちは、あらためて賢治の英知を静かに学び、彼のつぶやきを聞かねばならないと思う。

【著書】
「近代日本の土着思想―農本主義研究」 (昭和45年)
「日本の農本主義」 (昭和47年)
「宮沢賢治―縄文の記憶」 (平成2年)
「柳田國男の思想世界」 (平成5年)
「農の思想と日本近代」 (平成16年)
「鬼の思想」 (平成21年)
ほか多数
近畿大学日本文化研究所
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。