第一回 平成16年11月8日
五木 寛之 「暗愁のゆくえ」

第二回 平成17年4月26日
森 富子 「森敦を語る」

第三回 平成18年7月7日
加藤 清之 「巨人・加藤唐九郎の世界―土と炎と魂と―」

第四回 平成18年10月26日
谷川 健一 「柳田民俗学の功罪」

第五回 平成19年7月6日
山折 哲雄 「宮沢賢治と現代」

第六回 平成19年11月15日
野崎 研二 「無実と無罪の落差」

第七回 平成20年6月2日
具志堅 幸司 「わたしと体操−体操競技と日本文化」

第八回 平成20年11月27日
冷泉 為人 「日本人のこころ−文学と絵画をめぐって」

第九回 平成21年6月25日
山折 哲雄 「良寛と現代」
近畿大学日本文化研究所
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。